【横浜市からのお知らせ】「こんにちは赤ちゃん訪問」のご案内

横浜市では生後4か月までの赤ちゃんがいるすべてのご家庭を対象
地域の方が訪問する取り組みを行っております。 

赤ちゃんのご誕生により自宅やその周辺で過ごす時間が増え
これまではかかわりの少なかった地域の人たちとの交流も増えるかもしれません。
そのようなとき、地域の中に地域や子育ての情報を提供し
赤ちゃんの成長を一緒に見守ってくれる方がいると心強いですよね。

〇どんなことをするの?
横浜市では、「こんにちは赤ちゃん訪問員」が、生後4か月までの赤ちゃんがいるすべてのご家庭を訪問し
玄関先などで子育てや地域に関する情報提供を行います。
・子育てに関する情報提供
・子どもと一緒に参加できる場や地域のイベント
・災害時の避難場所、地域防災拠点の情報提供
・その他地域の情報
・子育てに関する情報提供と育児に関する相談窓口のご紹介
・赤ちゃんに、おもちゃ(赤いガラガラ)をプレゼント

〇いつ来るの?
赤ちゃんが生後4か月になるまでに、「出生連絡票」に記載された電話番号をもとに訪問員から電話が入ります。
出産後、母子健康手帳についている「出生連絡票」を早めにお住まいの区の区役所へご提出ください。
(ご提出が遅くなった場合、直接伺うこともあります。また区役所の電話番号ではなく訪問員個人の携帯電話や固定電話から連絡することもあります。)

〇どんな人がくるの?
地域で活動している民生委員・児童委員や主任児童委員、子育て支援の経験がある方等の中から、約900人が横浜市長の委嘱を受けて活動しています。
地域の子育てに関する研修等を受け、訪問の際は訪問員証を携行します。 

~ 訪問を受けた方の声 ~

○普段なかなか聞くことのできない地域の情報を、地元の方から聞くことができて良かったです。
○近所に住んでいる方が見守ってくれていると思うと、心強いです。
○引っ越してきたばかりで、地域のことを何も知らなかったので、教えてもらって安心しました。
○初めての育児の不安を、聞いてもらえただけで、少し気が楽になりました。
○出産後は、自宅にこもりがちなので、家族以外の人と話すことができて、いい気分転換になりました。
○資料がひと通り揃っていて、今後の役に立ちそうです。
○近所の小児科やスーパー、赤ちゃんを連れて出掛けられるところを教えてもらい、助かりました。
○赤ちゃん学級のことを教えてもらえて良かったです。
○育児のことなどで不安なことや困ったことがあったら、いつでも区役所に相談できることがわかり、安心しました。

〇助産師・保健師による「母子訪問(新生児訪問)」もあります
初めての赤ちゃんをご出産されたすべての家庭に訪問しています。
助産師や保健師が赤ちゃんの体重測定や授乳のこと、その他育児に関すること、産後のお母さんの健康状態などについて、相談を受けています。

各福祉保健センターの連絡先

鶴見区福祉保健センター 510-1839
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/life/child/homon.html#t2
港北区福祉保健センター 540-2340
http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/mokuji/life-kosodate.html
その他の区の福祉健康センター
http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/katei/konnnitiha/


~「こんにちは赤ちゃん訪問」「母子訪問(新生児訪問)」に関するお問い合わせ先~

横浜市こども青少年局
メール : kd-kokatei@city.yokohama.jp | 電話 : 045-671-2390 | FAX : 045-681-0925

 

いつでも、なんでもご相談ください

医師だけでなく、助産師からスタッフまで、どんなお悩みにもお応えします

  • 24時間受付中 ネット予約
  • 自動電話予約はこちら 050-5306-1653
  • お問い合わせはこちら 045-573-3111
  • おおいウィメンズクリニック facebook
    おおいウィメンズクリニック facebook
  • おおいウィメンズクリニック Instagram
    おおいウィメンズクリニック Instagram
  • twitter
    twitter
  • クリニックブログ
    クリニックブログ